世界樹の名の下に

このブログは『ハヤテのごとく!』の水蓮寺ルカを全身全霊で応援します。
世界樹の名の下に TOP  >  スポンサー広告 >  SS  >  ハヤテのごとくSS >  永久に契りを交わし。 ⑦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

永久に契りを交わし。 ⑦


どうも、彗星です。

ちゃんと12/25に投稿されているか不安ですが、まぁ、良いです。

さて、これが公開されるのは12:00なわけですが・・・

私はスキー最終日。

きっと寝不足でバスの中で寝てると思います。

なので、予約投稿。


【永久に契りを交わし。】7話目はハヤテと泉のデートです。

続きからどうぞ!



「ハヤ太くん。コレなんてどうかな?」



「え?いや、これ女性の服ですけど……」



G.W.前の最後の日曜日。



ハヤ太くんの服をコーディネートしてあげると言って洋服売場に姿を消した泉さんは10分後、何故かミニスカートを片手に僕の目の前に現れた。



「うん。似合うと思って」



「いやいや、似合うからって!」



「店員さん、試着お願いできますか?」



「頼まないで下さい!」










「うんうん!やっぱり似合ってるよ!」



「ちょ……見ないで下さい!」


「お客様にはこっちの色の方が似合ってるのでは無いでしょうか?」



「あ~、そうかもですね~」



「店員さんまで!」



「じゃあ、こっちも試着お願いできますか?」



「だから頼まないで下さい!」









「う~ん、こっちも捨てがたいなぁ」



「もぉ僕、お婿にいけない……」



僕は……



もう僕は……



「大丈夫、その時は泉が貰ってあげるのだ☆」



「誰のせいだと思ってるんですか」



「にはは……ごめんごめん」



泉さんは屈託のない笑顔で笑った。



「でも……」



そう言って、泉さんは続ける。



「やっぱりハヤ太くんはカッコいい方が良いよ」



「え?」



「と言うわけで、コレなんてどうかな?」



そう言って泉さんが差し出したのは長くて白い耳が生えた―――





「うさみみじゃないですか!」





泉さんには反省の欠片も無かった。










「全く、泉さんは僕を何だと思ってるんですか」



最終的に泉さんがコーディネートしてくれた紳士服が入った袋を下げて僕は呟いた。



「いや~でも可愛かったよ~」



「だからって!泉さんの前では男らしくしようと思ってたのに……」



「あ……そっか、ゴメン。今度からそう言う事しないように努力するよ」



「……やめる気は無いんですか?」



「なんか、のど乾いたね。そこの喫茶店で何か飲もっか」



泉さんはそう言うと喫茶店に向かって走り出した。



……はぐらかされた?



「店員さん、私チョコレートパフェで」



「のど乾いたんじゃないんですか?あ、僕アイスティーでお願いします」



喫茶店に入り、注文をすます。



しばらくして、アイスティーとチョコレートパフェが運ばれてきた。



「そういえば、今日泉さん遅れてきましたけど何かあったんですか?まさか変な奴に絡まれたとか?」



「ううん。虎鉄くんに今日ハヤ太くんとデートだ、って自慢してたら遅れちゃって」



「いや、何か間違ってる気がするんですが」



「虎鉄くんすごい羨ましがってたよ~」



「変な奴に絡まれたんですね。後で冥府に送っときます」



僕は爽やかな笑顔で告げた。



窓から見える空は雲一つ無く晴れ渡っている。



「ハヤ太くん、このパフェおいしいよ。食べる?」



「あ、はい。戴きます」



僕はそう言うと、泉さんの差し出しているパフェとスプーンを受け取った。



スプーンでパフェを口に運ぶ。



すると、甘いチョコレートの味が口に広がった。



「本当ですね、すごくおいし「わー!お兄ちゃん達間接キスしてるー!」



子供の甲高い声が喫茶店に響きわたった。



見ると、5歳ぐらいの男の子がこっちを指さしている。



「まーくん、何してるの!さっ、早く行くわよ」



間接……キス……?



ま、待て、落ち着けハヤテ。



まずは状況を整理しよう。



僕がさっきやった事は……



泉さんのパフェを泉さんの使っていたスプーンで食べた。



「……!!」



ぼ、僕が?



泉さんの?



スプーンで?



顔が熱くなるのが分かる。



見ると、泉さんも顔を赤くしている。



「あの、その、す、すみません……」



「い、いや、全然イヤじゃなかったし……」



「あ……」



「…………」



僕は赤くなった顔を隠すように窓の方を向いた。



相変わらず、空は晴れていた。






・あとがき

後編へ続く。

なので、あとがきは次回のときに!

次は・・・29日かな?


それでは!


関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/12/25 12:00 ] SS ハヤテのごとくSS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

彗星

Author:彗星
ハヤテのごとく!のルカが最近可愛すぎて辛い管理人。
テイルズとハヤテのごとくが大好きです。それ関連の話を振りかけると飛びつきます。

このブログはハヤテのごとく!の水蓮寺ルカを応援するとともにSS・DWI等を公開していくブログです。

プレビューは畑先生のまんが家バックステージvol.316よりお借りしました。

SS目次はこちら。
SS制作表&ハヤテキャラ誕生日はこちら。

リンク・コメント・トラバフリーです。
相互リンンも募集してます。

何かありましたら、↓まで。
suisei_555☆yahoo.co.jp(お手数ですが、☆を@に変えて下さい)

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MHP3rd


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。